« 退職から移住まで | トップページ | 「りくと光輝く坂道」 »

2015.12.21

酒と煙草

Wp_000575
                      <りくのお気に入りのトゲトゲ坂>
                         

酒か煙草、どちらかを止めるとしたらどっちか?
以前、そんなことを聞かれたことがあったが、即座に「煙草」と答えていたことがあった。酒を止めるなどとんでもない話で、死ぬまで飲んでやろうと心に決めていたものだ。

しかし、今回の事で断酒することに決めた。退院する前にDrから「2年くらい居てほしかったのになぁ、でも再飲酒してしまったらまた来てください、1~2週間でもいいから」と言われた。
今思うと、優しいDrだったが残念ながらもう入院はごめんこうむりたい。自然環境のいい場所にあって閉鎖病棟ではあるが、ニワトリや鳥の声が聞こえたり、何よりも喫煙室で6時~20時まで自由に煙草を吸うことが出来たので、環境としては私に合っていたのだが。。

閉鎖病棟から脱出(退院)したときは日差しがやたら眩しくて、シャバに出たってこういうことなんだなと感じた。
これからは好きな場所に行けるのだから、自由を手に入れたのだ。鳥小屋のような喫煙室なんかでなく大空の下で煙草を吸うことが出来る!真っ先に浮かんだ感情だ。

自由を手に入れるとスーパーやコンビニエンスストアに行って酒を簡単に手に入れることができるので、最初は不安だったが、薬が効いたのか三度の食事と睡眠を規則的にとれるようになると、酒に頼らなくても生活に支障はこれっぽちもなくなった。

ただ失ったものは、友人達だ。必ず酒席を前提とした音楽の仲間やコミュニティの仲間たちとは会わないようにした。どこへ行くのもいつも妻と二人で出かけ、二人と犬一匹の生活を毎日楽しんでいる。それだけで充分なのだ。

Wp_000376

<左からガラムメンソール、ガラム、ガラムマイルド>                         
煙草は入院中に吸いたくなった、ガラムという煙草。普通の煙草屋では扱っていないため、小田原や茅ヶ崎に行きカートンで購入している。今まで吸ったタバコの中で一番美味いのがこれだ。

朝起きてから、ベランダで吸うガラムとジンジャエールは最高のひとときをもたらしてくれる。ジンジャエールは瓶入りもあるが、ペットボトルのウイルキンソンの辛口がいい。カナダドライのジンジャエールは入手しやすいが、ウイルキンソンはバーやカフェなどで提供されるそのものだ。徒歩で20分のスーパーで売っている。

煙草は他にも缶ピースを時々吸う。ちなみにガラムは昔サーフィン全盛期のころサーファーが愛用していたから、海辺に行くとこの香りをかいだものだ。
丁子が含有してあり日本の煙草にはない独特のフレーバーがする。ちなみにインドネシアの塩工場で甘い煙草を従業員に配ったのがきっかけらしい。

Wp_000362
                       <千歳川沿いの散策道>                             

朝6時「鳩と少年」ジブリ作品「天空の城ラピュタ」でカズーが吹くトランペットで目覚め、ベランダで簡単な柔軟体操をして、りく(愛犬)が起き出してきたら散歩に連れていく。天気がいいと布団を干して、8時頃の朝食後、読書などして過ごして10時過ぎに、今度は私たちが散策を兼ねて買物などに出かける。図書館だったり、クリニックに行ったりお昼の弁当などを買ってバスで帰宅する。

午後はたいてい、りくと2時間~3時間昼寝をする。起き出すと妻が夕方のりくの散歩に連れて行く。
夕食後の自由時間を過ごし、11時頃には就寝する。夜はお気に入りのテレビ番組をみたり、地元のラジオ「熱海湯河原放送曲」を聴いて過ごす。

最近はクリスマスソングが増えて気分だけXmasを楽しんでいる。特別なことはなにもしない。年末に紅白をみて年越しそばを食べるくらいだ。大掃除するほどの部屋はないから何もしない。

なんにもしない生活が熱海移住生活の決まり事だから、毎日一つくらいの発見をして過ごしている。

|

« 退職から移住まで | トップページ | 「りくと光輝く坂道」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22371/62912167

この記事へのトラックバック一覧です: 酒と煙草:

« 退職から移住まで | トップページ | 「りくと光輝く坂道」 »