« ある哲学者の言葉 | トップページ | 毎日の日課について »

2016.09.07

日課について

なんであれ、組織と云うものは、小中学校などの『遠足のしおり』みたいな決まり事の上に成り立っている。   大人になっても、今はモラルやルールに縛り付けられて、駅前で煙草が吸えなかったり、海水浴場で酒が飲めなかったり、などなどやたら決まり事を作ってしまった。俺は決まりごとに逆らうように出来ているようで、ある日突然退職してしまうような奴だ。  だから、皆、真面目に毎日仕事に行くのだから尊敬してしまう。退職して、熱海移住を決めてから仕事はしないと決めた。      退職金やら企業年金で、60歳の厚生年金受給まで生活に困ることはない筈だったが、企業年金は3か月に一度だか、予想より1/3少なくなることに気づいた。それから、東京にあるマンションのローン、管理費、固定資産税を払う必要があり、まさに飛ぶ鳥が散弾銃に狙いをつけられ、ロックオンされる寸前だった。しかし、それでも何とかなるもので、マンションは購入時価格で売れ、働き出して1か月半の会社だが、休業補償を支給されるからと、上司が病院に見舞いに来られたとき、手続きするようにとわざわざ伝えられた。職場復帰はリハビリも大変だから10年後でも待ってるから、とホントかどうかわからないが言われた。 職場復帰するかどうかは、たぶん不可能だと思うが。。。

|

« ある哲学者の言葉 | トップページ | 毎日の日課について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22371/64172121

この記事へのトラックバック一覧です: 日課について:

« ある哲学者の言葉 | トップページ | 毎日の日課について »