« 夢のつづき | トップページ | 今夜は »

2016.10.02

島を眺めながら

海側の病室の窓から、初島を正面から眺める日々もあと5日、当然これを書いているのは消灯後、ホテルの明かりと灯台の点滅。やはり初島は正面にある。    退院に向けてリハビリも実生活に即した形になった。  担当の療法士 が俺の自宅のマンション に何度か友人を訪ねているので、階段の段差等知っていたので少しやりやすいみたいだ。    杖なしでの階段や坂道歩行、生活動作(我が家は椅子なし布団)訓練を仕上げて退院する。3ヶ月振りに自宅に帰れば、生活そのものがリハビリのようなものだ。何よりベッドから落ちる心配がない。    愛犬のりくと散歩に行けるようになればしめたものだ。少し落ち着いたら、掛かりつけの診療所に行きたい。カウンセリングも受けるつもりだ。    初島はやはり近くになることに変わりない。

|

« 夢のつづき | トップページ | 今夜は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22371/64290413

この記事へのトラックバック一覧です: 島を眺めながら:

« 夢のつづき | トップページ | 今夜は »