« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016.11.29

思い出ドライブ

東京から伊豆下田まで6時間かかったものだ。
今は、熱海を9時過ぎに出発して、12時過ぎに下田に着き「道の駅 開国下田みなと」で昼食とした。
135号線は海辺を走り、海が光っていて奇麗だった。

下田には「海上保安庁の巡視船 しきね PL66」が停泊していた。ヘリは搭載できないが私には海賊船よりも興味がある。

道の駅は魚市場の目の前にあり、新鮮な魚介類が食べられる。ウニ、イクラ、マグロの三色丼1600円。など。。
土産を買い、連れ合いから交代してハンドルを握った。コースは大型車が通る狭い道路がある湯ヶ島、修善寺なのでループ橋もあり不慣れな彼女には無理だろう。

紅葉は奇麗だったが、山間の峠道なのでヘッドライトを点け、下手なドライバーが大型車の後に着いてきて、こっちが停車しなかったら危うく衝突するところだったりした。
修善寺で首も痛くなってきたので、連れ合いに交代してもらい、熱燗。。じゃなくて、熱函道路を抜けて熱海へ着いた。函南で「オラッチェ」や天然酵母パンで有名な「マリー」があったが、時間的にパス。

海は毎日見ているが、湯ケ野~湯ヶ島付近の山も落ち着いていていいが檸檬の作者「梶井基次郎資料館」があったはずだが、何せ首が回らないので(笑)見つけられなかった。
定宿の「湯川屋」にあったが、どうやら廃業してしまったらしい。36年前に連れ合いと泊まったが風情があったのに残念だ。

36年という月日の狭間で、電車と東海バスで廻った谷は今はもうない。ループ橋もいらない、有料道路もいらない。
ただ、目の前の海はきっと、ずっと昔から変わってないんだろう。波の音も。。。

Asahi2_6
Kaisenndonn_3

Pl66_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.28

自然な生き方

 昨夜、就寝前に首に巻いた「ソフトカラー」は外していい、医師から言われたが寝相が悪いせいか今日は朝から首や頭が痛む。
一応順調に回復傾向にある(マヒ、後遺症なし)ので、車の運転ぐらいは連れ合いよりかは上手いだろう。

事故の車は普通車で「ソリオ」だったが、結構丈夫だったが結局廃車になった。
正面衝突で運転席も助手席も潰れたが、これは仕方ないが、ただエアバックに首を強打して助手席側から這い出したが、エアバックがなかったらフロントグラスに頭を打ち付けていただろうし、どっちにしても即死だった。

入院生活は苦痛だったが、死には比較にならないのか、私にはわからない。
ちなみに死刑の場合、日本では首吊りだが、下手をすると死なない場合がある。それは頸椎に縄が当たった場合だ。骨折はするが骨髄を損傷しない限り死なない。
顎の下に第一頸椎(C1)がある、次に私が骨折した第二頸椎(C2)がある。
つまりそこの隙間に縄をかけないとならない、脊髄を絞めることができないから結構注意しないとならないので、必ず医師が同行する。
しかし、呼吸中枢を圧迫するだけなので最低15秒間生きている。私は背後脊椎だったが15秒間生きて、呼吸が苦しかったが「発煙筒を焚いてください」とだけ言えた。
 
その後は意識を失い丸一日寝たきりで、気が付いたら綺麗な看護師さんがおにぎりを食べさせてくれた。だからおにぎりの味しか覚えていない。
その時の記憶だけは定かだが退院した今、死と生に対する倫理観がなくなった。
ただ、生きたいと思うこと、死にたいと思うことは=だと思う。あまり長生きして迷惑かけたくはないと思う。
 
自然な生き方を考察して。。つまり厄介なことが一つ増えただけ。。。
人間の明日なんて分からないに決まっている。
 
ただ一つだけ確実なことは、りくと一緒に寝て、6時にりくと一緒に散歩に出かけることだけだ。
Asahi_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »