きままな管理人の日記

2018.03.20

クリスチャンとして

Wp_000311

「美しい国日本、美しい国ロシア」ツルゲーネフの有名な言葉だ。
たとい、戦時下であっても美しいと表現する勇気が素晴らしい!!

クリスチャンになったら、この言葉が一番先に浮かんできた。でもクリスチャンでも敵の前では銃を撃つ。私は「プライベートライアン」という映画が好きだ。
ネックレスの十字架にキスしながら「神よ私に力をお与えください」と狙撃銃を撃つ前半のシーンが好きだ。

たとい、クリスチャンでなくても人を殺してはならない、姦淫をしてはならないなど、人として当たり前のことだよね?
クリスチャンであることが、その律法に従うという逃げ道を作り、正当化するのは間違いだと思う。
あるときは立ち位置が変わり、神の律法ではなく、国の定めた律法に従わなければならないことも、あるだろうし、それは個人の判断で構わないと思う。
思い悩むことは、人間に与えられた永遠の宿命のようなものだから、あまり深く考えることはしないで、普通に生活していけばいい。

「汝、隣人を愛せよ」
むしろ、この言葉で私たちは救われているのだろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.07

究極の選択か?

たいがい、困ったちゃんの俺だが、これは神の導きか?

俺は牧師職(教職)への道を歩んでいるが、第一歩は4月に洗礼を受け達成する。
受洗の日が近づくにつれ、進学校の高額な授業料の壁に突き当たった。しかし、残った退職金と奨学金でギリで何とかなるが、先日、ある教会員から「寂しくなるな~」と言われ考えてしまった。
俺も寂しくなるな、とは思ってはいた。1年近く教会に通っていると、親しみが増してきて、この湯河原から離れることに抵抗すら感じてきていたからだ。

今の教会を変えてゆきたい、との思いもある。また、牧師にならなくても知識を学び続けることで、十分なのではないだろうか。。。

そんな時に、以前勤務していた旅館の支配人から連絡があり、私の身体を気遣うと同時に復職の誘いがあった。今の身体の回復具合では重労働ではないので、働けると思った。

事故という中途半端な状況で退職した俺だが、未練が残っていたこと、勤務中の評判が良かったと、支配人の熱い思いが伝わってきた。

考える時間をもらい、考えているが、もしかしたらこれも神の導きかもしれないと思った。
俺は「人のために尽くせ」と召命を受けた。ならば、これこそ天命、俺に相応しい生き方なのかもしれないと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.03

変革とは?

Photo湯河原 西田方にて

俺はもうすぐクリスチャンになり、3年後の神学校入学を目指している。
先日、困ったちゃんがいて逃げたので罵声を浴びせた。
「お前なんか、かあちゃんのおっぱいでも触ってろ!!」

サタンに対して言い放った俺は、やはりサタンだと思った。しかし、俺がすっきりしたのは間違いない。陰口を言うよりも直接言ったのだから。。。

人は誰でも「律法」に対して義であると信じる。十戒(じっかい)がそうであるように、「隣人を愛せよ」とはいろいろな意味を含んでいる。

不正を行っている者は裁きを受けるのは当然である。「殺してはならない」とある。
彼は馬鹿だから、俺に対して感情的になり「律法」に背くであろう。

神の裁きを!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.28

最近変わったことは

あまり変わらずにリゾートマンション暮らしをしている。
しかし、オリンピック期間中は不快だった。だいたい、あのビリヤードみたいな「カーリング女子」がうざったくて邪魔だったし、スキーもスノボもスケートも好きになれなかった。
カーリングのお姉ちゃんたちは、遊び気分で昔の「おはじき」と同じ感覚なのだろう。

娘と同じ世代だが、まずあり得ないが娘がカーリングに出場していても、テレビを見なかったと思う。ダンスをやっているが、見に行きたいとは思わない。

教会の仲間たちも不思議と同意見で、「テレビを見なくなった」輩が多い。湯河原界隈の喫茶店や居酒屋に行くと、必ずオリンピック好きな方がいてその情報を聞き流すのが手っ取り早いが、「カーリング」だけは皆嫌いらしい。オリンピック好きなのはうちの家内ぐらいだと知った。

湯河原は家内と違って「知的」な人が多く、埋もれている政治の話や国際的なグローバルな感覚を持っているのが特徴だ。恐らく東京オリンピックでも同じ傾向になると感じている。
私たちには「関係ないから」ときっぱりしているのだ。

それで、俺は教会通い、マンションの理事会活動、コミュニティカフェへの参画など忙しい日々を送っている。楽しいから嫌だ~とか思わない、自然な感覚になれるから面白い。

もちろん、リゾートマンションで自分のペースで海を眺めながら。。というコンセプトは基本的にあり、突然、絵描きになったり小説家を目指すかもしれないが。

いずれにしても、俺にとっては新鮮なもので常に空気感がある。人口2万5千人の湯河原町の住民は「都会」を嫌う、都会は空気が汚れている、水がマズイ、人が冷たい、夏は暑く冬は寒い、食べ物がおいしくない、オリンピックをやる。。。

俺のマンションは蛇口をひねれば「柿田川の伏流水」が飲める、人の温もりがある、夏は涼しく冬は暖かい。刺身は地元で朝捕れた新鮮な魚、野菜は無農薬が普通だ。

気が向けば日帰り400円の町営温泉に浸かり、ビールやワインを飲むのが普通だとみんなが思っている。酒好きタバコ好きにはこの上ない、ちなみに湯河原ではタバコを吸えない店はない。

そして湯河原の人は熱海を嫌う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.26

この町が好きなわけ

Win_20171125_09_08_35_pro_2

先日、30年振りに美容室へ行ってみた。伸びた髪にパーマをかけてもらうが、なかなか快適な時間を過ごした。

スタッフの20歳台の女性と話したが、俺が生来、吉祥寺で過ごした話をして「ペパカフェフォレスト」でも話そうかと思った。

しかし、彼女が1年前くらいに初めて、吉祥寺行ったとき「駅の目の前の大きな家電量販店のビルに驚き、ランチで行った店が狭くて対照的でした」と印象を語った。

しかり!である。 湯河原とは対称的であり、俺がこの町に惚れたわけを確実に捉えていた。

数百年前、源頼朝を救い鎌倉幕府の礎を担ったこの町の人々は、今でも人にやさしい。それを書きたい気持ちもあるが、万が一「芥川賞」などとってしまい、人が押し寄せてくるのは困るから、敢えて書かないことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.24

とりあえず!


Windows Phoneから送信

daterecordcamera_131559213915620000.jpgをダウンロード

もうすぐ5時、日の出まで1時間半。寒いのでストーブでバターチキンカレーを作り?ビールを飲む。

相変わらず、教会に通う日々だが、とりあえずそんな感じで過ごしている。

しかし、この夏から続いているから『とりあえず』もなかろうと思うが、数日で教会暦『降臨』(クリスマス前の4週)を迎える。

God Bless For You!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.18

命日。。

この一年、無駄な人生を送ってきた。らしい。。
一年間、昨年の今頃は、否明日が俺の命日、残念ながら生きてしまったからそれは妥当ではないかも知れぬが、世の中で生きたくても生きられなく亡くなって、命を落としてしまった子供、若者やすべての人々に、俺が死をもって償えることができるならば、もしも俺の代わりに生を授けることができるのなら、

喜んで捧げたい。生は生きたいと願う人間に与えられるべきだと思う。双極性障害の俺にはおそらく未来はないと思う。誤解のないように記述するが、精神科で様々な薬を処方され、それらは医師の金儲けのための詐欺だったと知った、
「溺れる者は藁をもすがる」
すがったサ、しかし所詮藁だった、「懸命にすがったら藁だった」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.20

師走

12月も早いもので、あと10日を残すだけになった。

今年はマンションの売却から始まり、再就職、交通事故&入院生活、リハビリで何となく過ぎた一年だった。

ただ支え合う意識だけは何処かに芽生えたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.30

熱海に移住して

二拠点居住というらしいが、私はそう思わない。いくつか別荘を持ち転々と暮らす人もいる。
きっと旅好きな人なんだろうと勝手に考えている。

2014年に住民票を東京から静岡に移し、いざ本格的な熱海人になろうと意気込んだがその必要はなかった。
東京と違い、ここでは誰に気を遣うとか環境のもたらす業なのだろう、とにかくのんびりしている。
歩く速度は東京の半分くらい、話し方も丁寧で商店などで買い物するだけでもつい話し込んでしまうことはたびたびある。

30年以上仕事して、過酷な通勤や嫌がらせ、評価されない仕事についていけなかった。
「もういいかな?」と移住を決めてからは早かった。ここは別荘でも二拠点居住でもなく終の棲家でもなく、リスタート地点だと思っている。

東向きのマンションは朝日で目覚める。カーテンをしていても木漏れ日で朝を感じてシャワーを浴びる。
マンション内の大浴場に行ってもいい、仕事してないからビールを飲むのは常識だ。

最近は、だいたい3時に起床して、ベランダのデッキチェアにもたれ、4時40分の日の出を見て(まだビールは飲まない)日が差して来たら布団干し、終えたら愛犬と散歩に出かける。彼(犬)も海が気に入ったみたいで爽やかな風の中、どこかしかのんびりしている。

朝の食事をしたら、街に出たりマンション屋上のプールで過ごす。本を読むよりも音楽を聴くのが好きなのでBOSEのサウンドリンク(小型スピーカー)でデッキチェアにもたれてポールモーリアを聴いている。
カモメやトンビが気持ちよさそうに飛び交い、セミや鳥の声に耳を傾け波の音を子守唄にこのまま永遠に眠ってしまいたい。

Wp_000336_1


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.06

ゆるやかな日々

Misima_huji


なにかと慌しく過ぎた2014年から脱却して、今年はのんびり過ごすことにした。
失業中なので、ハローワークで探しているが12月~情報が減っている。熱海だと深夜の仕事がヒットするが、妻は一人で夜を過ごすのは嫌だと云うから、日勤であるかハローワークに相談に行こう。
妻も働きたいというので、一緒に三島で富士山を見て、ハロワで探して。。。
いつも二人でうろうろして、気分転換に野鳥を探してみたり、今は歩くことで体力をつけようと思い毎日歩いている。

右は海、左はみかん畑、意外と、このコントラストが素敵だと思う。
歩道には、ミカン、レモン、山葡萄、ブルーベリー。そっと道端に置いてあるが
野鳥達が食べ残した、食べ残すくらい楽園なのだね。
この街は自然と共存できている、地産のもので私たちもこの街に生かされている。

一定の価値観、一緒に共有してサ!
新しい街を、新しい目で、新しい息吹を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧